2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

« 晩秋山陰流転旅(11) | トップページ | 晩秋山陰流転旅(13) »

2010年12月29日 (水)

晩秋山陰流転旅(12)

【てんまり】
この日の鳥取は人影もまばらで閑散としていたが、なぜか呑み屋はひどく混んでいた。目星をつけていた「つくし館」に予約の電話を入れたらまさかの満席。「はせ川」でもにべなく断られ、やむなくホテル至近の「てんまり」へ。

電話口では「今日は土曜だから空いてると思います」とのことだったが、店に入るとカウンター席はびっしり埋まっていて、ようやく隅に席をつくってもらいなんとか居場所を確保する。

この時点で気付いたのだが、予想以上の客の入りで二人で切り盛りする許容量を超えており、料理も酒も注文が滞留して店内は客の苛立ちが充満していた。加えてテンパった女将さんが店員を叱責しはじめて、尚のこと不穏な空気が流れてしまった。

これは手のかからないものを頼むに限ると思い、らっきょう・牛すじ煮・漬物盛り合わせを注文。それでもなかなか出てこずに突き出しの〆サバおろし和えで気長に待っていると、四人組が「空いてますか?」と来店。断ると思いきや「奥の座敷にどうぞ」と通してしまった。この時点で店の了見に失望してしまい、注文の品を忙しなく平らげて引き揚げた。

店側にしてみれば滅多にないチャンスだったのかもしれないが、殺伐とした空気の中で待たされる客の立場を軽視した判断は疑問が残り、ここに山陰のリアリズムを見る思いがした。

【2011.1.16 追記】
お店のご担当の方から拙ブログ宛大変丁重なご連絡を頂戴した。きめ細やかな文面から良心が伝わってきて、今後の改善は間違いないと個人的には感じた。したがってこの対応も含めての評価に変更。
Dscn1658_3

【つくし館】
「てんまり」で痛い目にあって飲み直そうとこちらを覗いたら何とか二人分の席が空いていたので入店。ここも大入り満員で板場も給仕も慌ただしく動き回っていた。これが鳥取の普通の風景なのかもしれないが、寒々しい通りからは想像できない状況だった。ここでは造り盛合・野菜の炊き合わせ・のどぐろ煮付を注文。

混んでいたのでしょうがないのかもしれないが、全体に荒っぽい調理でそれが味にも現れてしまったように感じた。象徴的なのはのどぐろで、ご主人が他に気を取られて煮付けを焦がしてしまい、あれこれ継ぎ足してなんとか格好をつけた仕上りになってしまった。おまけに大入りで材料が不足したのか、急きょ冷凍ののどぐろを水でさらして解凍して作ったのも目の当たりにし、幻滅してしまった。

これといって旨いものに出合わずに店を出て、裏寂しい気持ちになってホテルへ戻った。
Dscn1659

てんまり 郷土料理 / 鳥取駅
夜総合点★★★☆☆☆ 3.0

つくし館 懐石・会席料理 / 鳥取駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

« 晩秋山陰流転旅(11) | トップページ | 晩秋山陰流転旅(13) »

旅行・地域」カテゴリの記事

2009-10食べた店」カテゴリの記事

旅:山陰・山陽(2010,13,15,17)」カテゴリの記事

コメント

折角の遠方からご旅行に不愉快で残念な想い出となり本当に申し訳ございませんでした。
ご指摘の件について,入念に検討し改善対策を講じている最中です。直接ご連絡をしたかったのですが、メールアドレス等ご連絡先が不明にてコメントでのお詫びを重ねて何卒お許しくださいませ。女将の名代にて先日の件を深くお詫び致します。また,ご指摘を本当にありがとうございました。以前から懸念していた事で貴重なご意見を賜り感謝致します。寒さ厳しき折にて何卒ご自愛にてお過ごしくださいませ。

てんまり様

大変丁寧なご連絡をいただき、恐れ入ります。不躾な書き振りとはなりましたが、これをきっかけにお店が良い方向に進むのであれば、一外食好きとしては大変嬉しく思います。

厳しい経済環境の中、お店を続けられる御苦労も多いかとは存じますが、訪問されるお客様がみなさん笑顔で帰られるよう、ご盛業をお祈りいたします。

なお、「食べログ」の内容もご連絡を頂いたことを反映したものにいたしたいと思っております。また、本ブログに頂いたコメントの内容で個人を特定しうる部分につきましては、情報保護の観点から削除させていただくことをご了承ください。

Mr.noone special 様
ご丁寧なお返事と私の個人情報のお気遣いまで戴き誠に有難うございます。貴重なご指摘を戴いたお礼を,もし支障が無ければご住所をお知らせ戴ければ幸いです。(ご住所等個人情報は安全措置を講じ責任を持って速やかに管理し破棄させて戴きます)

謝礼と,国内屈指の過疎地鳥取のPRを兼ねて是非粗品を進呈させて戴きたいのですが如何でしょうか?

「食べログ」もお手数にも改訂戴き恐縮、かつ深く感謝を致しております。

本当に有難う御座いました。
また何かお気付きの点がございましたら、ご遠慮なくお知らせくださいませ。

てんまり様

種々ご配慮いただきありがとうございます。
十分謝意は頂戴しておりますので、これ以上
はどうぞお気遣いなさらぬよう、お願いいたします。

有難う御座います。社長(女将)は私の母です。私も弟も役員ですが,東京で熾烈な競争社会で揉まれた価値観と社長(女将・母)との経営戦略上の衝突が繰り返され・・・。ご指摘戴いた事も懸念し過去より繰り返し進言していたのです。過疎化進行中の逆風に立ち向かう経営戦略と顧客満足を求めて。私の店だけではなく、地方の中小零細企業では同様の事が起こっているのでしょう。…と私の愚痴の様になってしまいました(^-^;申し訳有りませんでした。色々とご配慮戴いた事に深く感謝を致しております。酷寒の折にてご自愛にてお過ごしくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋山陰流転旅(12):

« 晩秋山陰流転旅(11) | トップページ | 晩秋山陰流転旅(13) »