2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 東北関東大震災への義援金額 | トップページ | 東北関東大震災、今準備しておくべきこと(2) »

2011年3月22日 (火)

東北関東大震災、今準備しておくべきこと(1)

我々関東の人間はとりあえず普通の生活をすることが求められるが、原発の動向や大きな余震の可能性もあり、いつまた緊急事態に直面するかわからない。そうした場合にすぐに対処できるように出来る準備はしておいた方が良い。

【つながる携帯会社の携帯を用意する】
ずっと言われてきたことだが、ソフトバンクの携帯はつながりにくいようだ。実際、直接の被害がほとんど無かった栃木や神奈川での完全復旧に4-5日かかっていたし、地震発生1週間が経っても被災地ではほとんど使えない状況のようだ。(岩手めんこいテレビの情報、リンクの中ほどに携帯各社の利用可能状況一覧あり)

ソフトバンクは借入負担が大きく、設備投資もなかなか進まないことから、急激にこの状況が回復するとは思えない。 通常時は良いがこういう時は万が一に備えて他社の携帯を契約するのが得策だと思う。

【ノートPCとWi-Fiを準備する】
こうなってみて判ったが、停電になるとテレビが見れないし、頼りのネットもフレッツ光は使えない。また、ノートPCはバッテリーが内蔵されているので数時間は使えるが、デスクトップPCは停電中は使えない。

こういう緊急時には情報が何より大切になってくるので、これを確保する手段としてノートPCとネットに接続するためのWi-fiは揃えておきたい。今回の件でWi-Fiを初めて導入したが、特段ストレスを感じずに利用できた。また、万が一避難する際にも、移動しながら情報入手できるというのは心強い。まだ買い占めの被害には遭っていないようなので、早めに
手配するのが良いだろう。

【ネットのフリーメールアドレスを取っておく】
今回の震災発生時、妻とは離れた場所にいて、携帯もつながらず携帯メールも遅延したのでなかなか連絡が取れなかったが、お互いのフリーメールのアドレスがわかっていたので、これを利用して連絡を取るようにしたら早いやり取りができた。

PCでも携帯電話でも使えて、ネットを介するので通信の安定性も比較的高い。コストはかからないので、登録しておいて家族間のアドレスは判るようにしておいた方が安否確認に手間取られないだろう。「yahooメール」「gooメール(NTT提供)」「Gメール(google提供)」などで検索すれば方法がわかると思う。

« 東北関東大震災への義援金額 | トップページ | 東北関東大震災、今準備しておくべきこと(2) »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北関東大震災、今準備しておくべきこと(1):

« 東北関東大震災への義援金額 | トップページ | 東北関東大震災、今準備しておくべきこと(2) »