2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 東京電力の実態に迫るロイターの記事 | トップページ | 昼間に花見をして東北を盛りたてる »

2011年4月 1日 (金)

節電と応援だけでは被災者は救われない

大々的に節電が呼びかけられているが、非常に違和感を感じるのは「節電すれば被災者のためになる」という意識が蔓延していて、それさえすれば支援はしなくてもよいという雰囲気になりつつある点だ。

首都圏で節電しても、それは「東京電力管内」で大規模停電を防ぐ、つまり自分たちのためであって、「東北電力管内」の被災地である福島・宮城・岩手を直接的には助けていない。だから、首都圏の人間は、節電だけで満足していてはいけない。

また、先日「クローズアップ現代」で”ツイッターを使って節電や応援ポスターを募ったら千点以上集まった”とか”そのポスターを大学生が地元商店街に配って、人と人のつながりが増えた”という話を大仰に紹介していた。そうした動きは否定しないが、「その行動が本当に被災者のためになっているのか」という視点が欠けており、だとすれば、それは単なる自己満足に過ぎない。

被災地は、大きな怪我を負い血が止まらない患者のようなものだ。その周りに人々が集まって「俺たちが応援しているから頑張れ!」といくら大きな声を上げても、一向に事態は改善しない。「何が必要か見ればわかるだろう!応援する気があるなら、あなたたちの血を輸血してくれ!」というのが被災者の本当の気持ちだろう。

「家を確保したい」「ガソリンがほしい」「車が欲しい」「工場を立て直したい」「漁船を買いたい」・・・こうした様々な被災者の声にこたえるには、経済をまわす血液である「お金」がどうしても必要になる。もちろん政府によって復興資金の手当はされていくだろうが、我々も節電で支援した気になるだけでなく、出来るだけ義援金額・募金額を積み上げて、瀕死の状態にある被災地に出来る限りの輸血をすることが求められていると思う。201142_1
(写真はロイターより引用)

« 東京電力の実態に迫るロイターの記事 | トップページ | 昼間に花見をして東北を盛りたてる »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節電と応援だけでは被災者は救われない:

« 東京電力の実態に迫るロイターの記事 | トップページ | 昼間に花見をして東北を盛りたてる »