2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

« 那須益子秋時雨旅3:滝の湯・老松温泉 | トップページ | 那須益子秋時雨旅5:大瀬やな・益子周遊 »

2013年9月 4日 (水)

那須益子秋時雨旅4:あまたにチーズ工房・とらや食堂

【あまたにチーズ工房】
新鮮な牛乳を使ってモッツァレラチーズを作っているとのことで訪問。夏の賑わいが去りひっそりとした別荘街の一角、個人宅の玄関先が簡易販売所になっていて、小さな冷蔵ケースには自家製のチーズを中心に数種置かれていた。目当てのモッツァレラと日持ちのするカチョカヴァロとモッツァレラのたまり漬けを購入。しめて2,300円ほど。

宿に帰って早速モッツァレラを食したが期待していたもっちり感は皆無で、よく市販されている木綿豆腐のようなもっさりとした口当たりで牛乳の濃縮感もあまり感じられなかった。期待しただけに少し残念。
Dscn1401_1280x960

帰京後にもろみ漬けを食べたが、美味しいとは思うが特徴的な味わいは感じなかった。カチョカヴァロは焼いて食べたが、これはチーズの伸びがまずまずで楽しめた。営業時間も不定と完全に家内製手工業のスタイルでやられているので、多くを望むのは酷なのかもしれない。

【とらや食堂】
湯本まで戻って昼食をとろうと周りを見回したところ、昔ながらの観光地食堂の雰囲気を醸し出していたこちらが目に入って足を運んだ。派手な電飾と客引きをしていた近くの店にはいくらか客が入っていたが、こちらの店内は我々のみでゆったりと座敷に席をとる。そばとうどんが中心の品書だが、ビールとつまみにもなるチャーシューメンを注文。

ビールは大瓶で700円と若干観光地価格だが、使い込まれた織部の皿に盛られた落花生が突き出しとして出されたので不満はない。
Dscn1392_1280x960

ほどなく運ばれたチャーシューメンはチャーシュー6枚、メンマ、なると、わかめと手堅い陣容。縮れた麺とあっさりした鳥だしが良く合っていて、観光地にありがちなやっつけ仕事は感じられず美味しい一杯だった。
Dscn1393_1280x960

食べ終わると、なんとはなしに子供の頃家族で行った海で食べたラーメンや、友人と釣りに出かけた港の近くの食堂で食べたラーメンが思い出された。こちらの丁寧な接遇や昔風の味わいが古い記憶の琴線に触れたのかもしれない。ここのラーメンもいつかどこかの食堂で思い出すことになるのだろう。観光地にあっては穏やかな時間が流れる店で、ずいぶんのんびりさせてもらった。
Dscn1394_1280x960

あまたにチーズ工房 その他 / 那須町その他)
昼総合点★★☆☆☆ 2.9

とらや食堂そば・うどん・麺類(その他) / 那須町その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.3

« 那須益子秋時雨旅3:滝の湯・老松温泉 | トップページ | 那須益子秋時雨旅5:大瀬やな・益子周遊 »

旅行・地域」カテゴリの記事

2013-15食べた店」カテゴリの記事

旅:関東甲信越(2008,10,12-19)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 那須益子秋時雨旅4:あまたにチーズ工房・とらや食堂:

« 那須益子秋時雨旅3:滝の湯・老松温泉 | トップページ | 那須益子秋時雨旅5:大瀬やな・益子周遊 »