2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

« 国宝観覧入洛記2:祇園川上 | トップページ | 国宝観覧入洛記4:松寿軒・祇園石・甘泉堂・いづ重 »

2017年11月 3日 (金)

国宝観覧入洛記3:井政

日帰りでの入洛だったので、夕食はゆったりできないスケジュール。そこで夜は帰りの新幹線で美味しい折詰弁当を食べることにした。

今まで京都で弁当と言えば「あと村」だったのだが前回内容が落ちていたので、今回は新しいところを開拓してみることにした。有名なのは駅の伊勢丹で受け取れる老舗なのだろうが、そういうところは大量生産体制によるものだから、今一つ食指が伸びない。

そこで過去の旅行時のブックマークを調べてみると、「井政」という仕出し屋を発見。4,000円の二段重「茶福箱」を二つ以上予約をすれば京都駅まで届けてくれるという。ご主人のインスタグラムを見るに随分良さそうな感じだったので思い切って頼んでみることにした。

待ち合わせに指定されたのは八条東口の「祭時計広場」。
Dscn3915
定刻少し前にご主人自ら届けてくださった。白木が美しい折が真田紐で結ばれていて、開ける前から期待が高まる。
Dscn3920
車内がドタドタしている間は落ち着かないので名古屋までぐっと我慢して、発車早々折を開けると思わず顔がほころぶ景色が広がった。
Dscn3924
上段は出汁巻、松風、海老霰揚、南瓜・湿地・小芋・紅葉麩・高野豆腐・赤蒟蒻・飛龍頭炊き合わせ、焼栗、白瓜漬、麩田楽、松葉銀杏冬菇石付煮、薩摩芋公孫樹、蒲鉾、茄子とずいき胡麻クリーム和え、海老風味焼、鰆西京焼、茗荷酢漬。
Dscn3925
下段は穴子胡瓜・梅紫蘇海苔巻、鯛刺身旨酢ジュレ、枝豆ちりめん山椒御飯。

五色の彩りの配分も良く、実に食欲を刺激するビジュアルでなかなかの壮観。味わいもやや塩気が強めながら、全体に手堅くまとまっていて美味しい。ふんだんな酒肴を見越してイオンモール京都の浅野日本酒店で購入しておいた「仙介」の生酒が実によく合って、蕎麦猪口についでもついでもすぐに胃の腑に吸い込まれていく。
Dscn3972
いい具合に酔っていつもは長く感じる帰京の途も、実に良い心持でふわふわしている内に到着と相成った。月に一度は日本橋高島屋でこれが購入できるそうなので、とっておきの行楽の時などに利用してみたい。久々にブックマークしていた自分を褒めてやりたくなるような店との出会いだった。なお、刺身がデフォルトで入るようなので、受け取り後すぐに食べる必要があることを付言しておく。

井政京料理 / 丹波口駅西大路駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

« 国宝観覧入洛記2:祇園川上 | トップページ | 国宝観覧入洛記4:松寿軒・祇園石・甘泉堂・いづ重 »

旅:京都(2006,07,09,13-15,17)」カテゴリの記事

2016~食べた店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝観覧入洛記3:井政:

« 国宝観覧入洛記2:祇園川上 | トップページ | 国宝観覧入洛記4:松寿軒・祇園石・甘泉堂・いづ重 »