2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

« 国宝観覧入洛記1:国宝展 | トップページ | 国宝観覧入洛記3:井政 »

2017年11月 2日 (木)

国宝観覧入洛記2:祇園川上

折角なので昼は京料理の神髄を感じられる店が良いなと思いあれこれ逡巡したが、老舗になりつつあるものの重厚過ぎない雰囲気が良さそうだったので、祇園川上へ行くことにした。

明るい時間に祇園をぶらついたのは初めてだが、打ち水をした路地にぴしりと直線の決まった町家が立ち並ぶ姿はなかなか清々しく、これもまた悪くないなと思っている内に目当ての「川上」に到着。
Dscn3864

席料もなしで入口右の個室に入れてもらえたのはありがたい。
Dscn3866
冷酒を頼んで昼の懐石が始まった。
Dscn3867
あしらいの黄葉が秋を告げる先付は先日旨さを知った茹で落花生も良かったが、茄子の葛寄せに胡麻クリームをかけたものがいかにも京料理らしくて美味。
Dscn3868
造りでは南蛮海老の甘みに瞠目。
Dscn3873
椀替わりの鯛の小鍋立ては出汁とポン酢の具合がたまらず、
Dscn3875
ここで熱燗を注文。
Dscn3876
続く揚物の鰆茸餡もわずかに甘みを強くした出汁の風味がよく合っていい。
Dscn3878
焼物替わりは牛ロースしゃぶしゃぶ。しゃぶしゃぶと言われたものの、葱が敷かれて餡が割り下風味だったので上品なすき焼のようでもある。
Dscn3879
美しい塗椀で供されたのは海老とオクラの揚げ出汁。
Dscn3882
Dscn3883
海老の旨味は感じられたがちょっと甘めの出汁系が続いて変化が欲しいと思ったところに、酢の物に紅白なますと蛸の旨酢ジュレが来て口をさっぱりと洗ってくれた。
Dscn3885
御飯と赤出汁に漬物、
Dscn3889
ごく軽く炙ったたらこが添えられているのが心憎い。
Dscn3888
水菓子としてトマトのコンポートが出たが、きちんとデザートとして機能していたし、へたに見立てたミントの爽味が良かった。
Dscn3892
出汁系の献立が鯛・鰆・牛・揚げ出汁と続いたのが少し単調にも感じたので、鰆を幽庵焼もしくは牛を朴葉焼として出してもらえたら申し分なかっただろうと思う。それでも5,000円で卓越した技量の片鱗を味わえたから、全体にとても満足のいくものだった。また是非伺いたい。

祇園 川上割烹・小料理 / 祇園四条駅河原町駅三条京阪駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

« 国宝観覧入洛記1:国宝展 | トップページ | 国宝観覧入洛記3:井政 »

旅:京都(2006,07,09,13-15,17)」カテゴリの記事

2016~食べた店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝観覧入洛記2:祇園川上:

« 国宝観覧入洛記1:国宝展 | トップページ | 国宝観覧入洛記3:井政 »