2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 大文字 | トップページ | ロワール »

2018年12月 5日 (水)

玉川屋

こちらは目黒駅から目と鼻の先という好立地。まずもって地価高騰著しい山手線内の駅前でひとつ数百円の和菓子を実直に作り続けている姿勢には敬意を表すよりほかない。だから、目黒に行けばできるだけ店に寄って何点かは買って帰るようにしている店だ。

色味がくっきりした生菓子が多いという印象だが、
Dscn2771
先日目黒不動尊の縁日をぶらついていたら出店があって、色鮮やかな柚子薯蕷が目に入り思わず買って帰ることに。やや武骨にも見えるが、ゆず本来の形を活写していて個人的には好ましく感じた。

Dscn6255
ゆずの薫りは控え目で少し物足りなかったが、街並みの紅葉を愛でた後だっただけに深まり行く秋を感じることが出来て、印象に残る一品だった。

« 大文字 | トップページ | ロワール »

2016~食べた店」カテゴリの記事

和菓子(東京)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉川屋:

« 大文字 | トップページ | ロワール »