2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月30日 (水)

鈴本で初笑い

家人と共に気に入っているホンキートンク、それに正楽、一之輔、さん喬が出るというので久々に鈴本へ出かけた。

アメ横デパートの地下で腐乳を買ってから、上野駅の方へ歩いてしばらく行くと「翁庵」の古風な店構えが見えてきた。ここは小沢昭一さんの贔屓だったと聞き及んで、いつか行こうと思っていた店で、入ってすぐの席の横に小沢さんのサインが飾ってあって嬉しくなる。名物は葱せいろとのことでこれとぬる燗に板わさを頼む。
Dscn6592
板わさの飾り切りや樽酒に漂う杉の薫香が、いかにも昔気質の蕎麦屋の風情を留めていて嬉しくなる。葱せいろはゲソのかき揚げも入っているが、意外とあっさりと頂けて腹八分目に仕上がったので、眠くなりやすい寄席の昼席前には丁度よい具合。この辺りが小沢さんのお気に入りの所以なのかも知れないなと思った。
Dscn6593
この日の鈴本は団体客で7割方の席が予約されていて満員御礼。早めに並んだお陰で、最前列の席に座れてたっぷり楽しめた。

一之輔さんは初めて彼を知った時と同じ噺の「短命」だったが、愚妻が夫を転がす辺りは随分脚色されていて、それがいずれも申し分なく面白くて舌を巻く。そういえば前座がひどく喋り方が似ていると思ったら弟子だったようで、不敵な面構えが師匠譲りで期待が持てそうだった。

正楽さんには「梅園!」と声をかけたお題が採用されて切り絵を頂戴することが出来たし、ホンキートンクも手堅い熱演を見せてくれたし、大変満足の行く初笑いだった。
Dscn6910_2
↑梅園A面
Dscn6911
↑B面。「初鰹」以来10年ぶりで頂けたので感無量。

2019年1月20日 (日)

横浜紅谷と桔梗屋

年末実家との忘年会に出かけたら、帰りに「横浜紅谷」の和菓子を持たせてくれた。練り切りもあり、栗鹿の子もあり、そのいずれもが優美な姿でなかなか見せてくれる。夏の終わりの時に頂いた菓子には、かすかな塩味を感じたが、今回は豆のほっくり具合を感じられる品の良い甘みで、固すぎず緩すぎずの餡の具合は、暖かい緑茶のお供として大変良かった。
Dscn6504
Dscn6508
Dscn6513
年初に川崎市民ミュージアムで田中絹代の「おかあさん」を観た帰りに新丸子の桔梗屋に寄ってみた際には、新年らしい寿の字の練り切りを購入。こちらはかなり餡が緩くて慎重に持ち帰ったつもりが、やや形が歪んでしまった。店頭で実演販売をしている大判焼きなど焼菓子の方が得意なのかもしれない。

Dscn6547

2019年1月12日 (土)

2018年に閉店した店を悼む(東京以外編)

地方に眼を転ずると、胸の痛むような別れが多い。

20年ほど前から何度も通ってうどん遍路を続けてきたが、その中で不動のNo1を誇っていたのが「讃岐の里」だった。うどん巡礼をする際、東西南北のジャンクションとなる坂出インター近くに店を構えて便が良く、日曜も営業していたから県外から訪れる身としては大変ありがたかった。

もちろん、なんといっても麺の出来が素晴らしく、活きを保つためにゆで上げたうどんを氷のコンテナで挟み込む工夫をされていて、そのお陰でいつ行ってもぴちぴちの麺が頂けた。また観光化されていない店だったから、讃岐の生活や原風景を垣間見ることも出来てそれも楽しみだった。残念ながらご主人がご病気で亡くなられたとのこと。謹んでご冥福をお祈りする次第。
Dscn4080
それにしても彦江・兵郷・宮武・松家・讃岐の里と第1次ブームをけん引した地元密着の店がほとんど無くなってしまい本当に寂しい。しばらくはうどん巡礼は取り止める方針でいる。

京都では祇園の「山ふく」、先斗町の「あと村」の閉店が辛い。山ふくは山口瞳の「行きつけの店」を見て暖簾をくぐった。なんてことのない温泉玉子や菜っ葉煮、子芋煮が出汁のバリエーションによって様々な味わいに仕立てられ、そのどれもこれも美味しくて「へーっ」と驚いてばかりだったことを思い出す。

今に至る自分のおばんざい好みはこの店から始まったと言っても過言ではない。最後に足を運んだ際、蛸長でも飲もうと決めていたので〆の炊き込みご飯を遠慮したら、「ご飯はええの?」と優しく声をかけてきた女将さんの温顔が忘れられない。
Dscn2009
あと村は最初に食べた折詰弁当が衝撃的な美しさと美味しさで、東京の内幸町に出していたお店でも頼んで、東京で京の味が恋しい際に大いに助かっていた。大将がご病気で店を閉める決断をしたと言う。無事の平癒を願うばかりだ。
Dscn0999
京都では八条口近くの「喫茶わたなべ」も閉店とのこと。レンガ造りの落ち着いた店でまたミックスジュースを飲みたいと願っていただけに残念。

盛岡に行こうと思わせたきっかけの店である「六分儀」も店を閉じてしまったそうだ。あの船のハッチのような重い扉を開いて、振り子時計の音を聞きながら馨しき珈琲を啜る贅はもう味わえないと思うと、心底寂しい思いがする。

Dscn2570
・・・と書いていたが先日、立ち読みしていて「良さそうだな・・・」と思い調べてみた「蕪木」という喫茶店のHPを見ていたところ、なんとこちらのご主人が閉店後の店をそのままに新たに「羅針盤」という店として再開させたという。偶然に手繰り寄せられてこの報に接し、世の中捨てたものじゃないとの思いを新たにした次第。

2019年1月11日 (金)

2018年に閉店した店を悼む(東京編)

2018年は実に14もの馴染みの店が閉店した。好みが保守的なので長く続いている店に通うことが多いから、こんな経験をしたのは初めてだ。もしかしたら時代の転換点に差し掛かった証なのかもしれず、その意味も含めて墓銘碑的に思い出を書き綴っておく。

住んでいる品川では既に記事にしたコルディアル、そして井門に加えて、西大井の「かね吉」に大井町の「丸八そば店」、飲食ではないが中延の「かぶらぎクリーニング」が店を閉じた。

かね吉は独身寮時代から足を運び、所帯を持ってからもちょくちょく通っていた。鮪のづけには油を少し垂らしてやるとコクが増して美味しいことを知ったのもココだし、鱈の肝煮が出てくる初冬は楽しみだったし、魚屋らしい美しい肌を持った痩身の大旦那さんの姿も忘れ難い。


丸八そば店は永楽分派だったが、本家より清潔で麺が伸びている確率も低く、総合力では勝っていたように思う。早々の閉店が悔やまれる。

かぶらぎさんは所帯を持って以来の付き合いだったから20年近くお世話になった。転居してからも納得のクリーニング店が無くて電車に乗って季節のものを出しに行っていたことが思い起こされる。ご夫婦で切り盛りされている姿が好ましく、忙しい時期は出前で夕食を済ませて仕事に没頭されていたことが印象的だった。

都心に眼を転ずると、銀座の「菊川」に有楽町の「慶楽」、田町の「うとら」、少し離れて阿佐ヶ谷の「対山館」と続く。

菊川は川島雄三の伝記を読んだ際に、内縁の八重司さんを見初めた店として記載されていて、調べたら営業を続けているので伺ったのが縁。ランチのお好み御膳は手の込んだ正統派日本料理の品々を味わえて、千円台というお値打ちだったから行列が出来ていることすらあったのに・・・。せめてもの救いは店の方に川島との縁のあった店かと確認したら「そうです」と確認できたこと。
Dscn1673

慶楽は大学時代のバイブル、池波正太郎の食遍歴のエッセイに載っていて足を運んだ。重たいメニューをめくって選んだビーフンの香ばしさが思い出される。

うとらは偶々飲んだ時に免許証を落としてしまって、滞在していたホテルに連絡してくれたことからしばらく通った。仕事に行き詰まっていた頃、閉店まで残っておでんの鍋から具材を仕舞うところまで見せてくれて「店やってみたら?」と誘ってくれたご主人の気取らない優しさが胸に沁みたことをよく覚えている。今度追善がてら鶏ささみのパクチーサラダを作ってみよう。
View this post on Instagram

散歩をしていてちとドキッとする笑

ハマサキミツルさん(@mitsuruhamasaki)がシェアした投稿 -

2016年 1月月26日午前2時29分PST


対山館は阿佐ヶ谷のラピュタで映画を観るようになって知った店。カレーと珈琲、そして山小屋の雰囲気・・・往年の喫茶店によく見られる風情がまだ横溢していて、居心地がよくこれから足繁く通おうとしていた矢先だっただけに残念だ。
Dscn4535
どの店も経営された方々が団塊世代で引退というケースか、地代が高くなって店賃との兼ね合いで営業を継続するのが困難となったケースのいずれかということが多いようだ。寂しい限りである。



2019年1月 8日 (火)

2018年のドラマあれこれ(下)

2018年のドラマ振り返り続編。

苦々しく思いながら、エッジを攻めた内容で見せてくれたのは「恋のツキ」。地上波でギリギリの描写もさることながら、女であることしか売り物のないグズグズした女が男をフラフラ渡り歩くという異色の話を、よくもここまで破綻なく膨らませられたなと感心した。

映像もしっとりとしていて見応えがあり、女に甘い顔を見せていると碌なことにならないという教訓も得たし、長く記憶に残りそうな作品。

また贔屓にしている松本若菜が結構な役を担うようになってきたのも記憶しておくべき事象だった。「チアダン」では夫の心の病からの回復を明るく支える良妻、
Djlmxdovsaiqym1
「僕らは奇跡でできている」では学習障害のある息子に苦悩する母
Dptzvdfuuaesghx
といずれも物語が進む中で欠くべからざる役を軽々と演じていて、昔のようにハラハラさせられることは無くなった。

アマゾンエコーのCMといい、

よい妻・母というイメージが植わってきているようで、今後は奥貫薫の後任のようなポジションになるのだろうか。一方で美しさゆえの薄幸など、難しい役どころも見てみたいという気持ちが高まった。

一年のトリは「昭和元禄落語心中」が務めてくれた。

岡田将生は「天然コケッコー」で見て以来、真っすぐで純真なイメージが強かったが、今回は捻くれた老落語家を散りゆく美しさと共に魅せてくれた。華奢な身体がうまい具合に枯淡の雰囲気を醸し出していたし、タナダユキが丁寧に色気を拾っていく演出を施したからか、美しい横顔や上目遣いもたっぷり利かせて物語全体に艶冶な空気を横溢させていた。
20181011_genroku
大政絢と山崎育三郎もそれに随分貢献していたし、竜星涼の噺の上手さも際立っていて見応えを大いに高めてくれた。
Rakugoshinju_201809_08_fixw_730_hq
今年も色々と楽しませてもらえればありがたい。

2019年1月 7日 (月)

2018年のドラマあれこれ(上)

去年は随分ドラマを見た年になった。なので回顧録を書き留めておく。

今まで主流派ドラマは敬遠しがちだったが、「義母と娘のブルース」、そして「コンフィデンスマンJP」を通して見た。前者の綾瀬はるか、後者の長澤まさみが主演するドラマを初めてちゃんと見た気がする。

ギボムスは近隣の大岡山がロケ地になっていたこともあって、散歩の際には「麦田ベーカリー」まで足を運んで写真まで撮ってしまった。
Dscn5771
綾瀬はるかが融通の利かない生真面目さをうまく出していたので違和感なく見られたし、全体に劇画的な演出がはまっていて気軽に見られた。

コンフィデンスマンは古沢良太の脚本なので見たが、リーガルハイ不足に悩んでいた自分にとてもフィットして、全編倍速再生のようなスピードと濃縮感はさすが!と唸らされた。

真田丸で堺雅人と絡んでいた長澤まさみが今度は古美門チックにバタバタ動くというのも違和感なく受け入れられて、絶妙のキャスティング。

さらに「あーあー、長澤まさみだったらな~」とリーガルハイで言わせた返歌をこの作品で「あーあー、ガッキーならなぁ~」とやってみせたあたり、サービス精神旺盛で思わず「わかってらっしゃる・・・」と感激した。

ドタバタコメディといえば「おっさんずラブ」も楽しみに見ていた。偶々番宣で出ていた田中圭の挙動が面白く、では・・・と思って見始めたところ、小気味よいドタバタコメディで一気に引き込まれた。

田中圭は、「ブラック会社に勤めているのだが、もうダメかもしれない」で冷淡な切れ者を見事に演じていて注目していたが、


ここにきて「アオイホノオ」の柳楽優弥ばりに振り切った演技を見せて、

荒唐無稽な話を笑いながら受け入れさせる道化役を見事にこなしていた。

伊東修子演じる先輩社員は下手をすると大やけどしてしまうキャラだが、妙に既視感があって物語に違和感なくはまっていて、「サムライ・フィクション」の神戸浩を思い起こさせた。
M44salfcj0as7pdy9zq2mgup219rwn0tdhy


こういうクセのある脇が活きると、全体に視野が広がって楽しみが増えるのだなと改めて実感。

2019年1月 5日 (土)

TWEEDEES「DELICIOUS.」

いまや唯一新譜(!?)を買うバンドであるTWEEDEESの三枚目のアルバムが発売され、未だ旧式人間の自分はCDを購入して、しばらくはずっと聞いていた。


オープニング曲でアルバムタイトル名にもなっている「DELICIOUS.」はいきなりタイトなリズムで始まりちょっと変化球かなとも思ったけれども、すぐにいつものように濃密で手の込んだ音達が押し寄せてきて圧倒された。リズムの一部は人力でのドラムンベースのようにも感じられ、メロディも相俟って雰囲気がコーネリアスの「star fruits surf rider」のサビに似ていると感じ、親和感を覚える。

ここからM-2の流れは、2枚目のM-1~3への疾走感を継承するものでたまらないものがあった。たまらないと言えば「東京は夜の七時」を取り上げて、まるで違和感なく今という時代に合った曲に昇華されていたところもグッと来た。

御本家がリミックスを出したのと同タイミングだったが、「これこれ!」感は圧倒的にTWEEDEESの方が高かった。

沖井氏は「この曲のキモは”早くあなたに会いたい”という心情」とインタビューで語っていたがまさに我が意を得たりで、それをベースに昨今の繋がっているようで繋がっていない寂しい私たちを描写していて「うまいなぁ・・・」と呟いてしまった。

その部分もお得意の「教誨系」(=絶対的存在へ疑問と救いを投げかけるスタイル)に仕上げてきていて、すとんと腹に落ちる内容。妙に大ネタにしてしまい、曲のコアをぼやかしてしまった椎名林檎嬢に見習ってほしいとすら思ってしまった。

これ以外の曲も大変作りこまれていて、破綻なく淀みなく流れていき、唯々心地よい。特に清浦嬢の歌唱力には舌を巻き、「こんなに聞かせる人だったのか・・・」と思わせる進境ぶりがあった。

1・2枚目はどこか客演感が漂っていたが、今作ではもはや彼女の声抜きではバンドの音が成立しないのでは・・・と思わされ、「シンバルズを忘れさせてあげる」と宣言した通りのことをさらりとやってのけていて感服した。

少し気になったのはアイドル・声優界隈での仕事から引っ張ってきた客へのサービスとしてウィンドチャイム・チューブラーベル・ハープの「キラキラ系三種の神器」が多用され、それが全体の平坦さにつながったように感じられた点。個人的には「Air Guitar」「LIAR・SADIST・COWARD」に連なる小粋な小品を次作では期待したい。

ともあれ、新しい水平を見せてくれた二人に大きな拍手を送るとともに、より一層かけがえのない二人になっていく様をこれからも見ていきたいという欲求が生まれた一枚だった。
Tweedees_jkt201810_fixw_640_hq
↑イギリスに行って様々な写真を撮れるまでに・・・英国風味ぶりが似ていて、the pillowsの「彼女はシスター」のPVを見た時のことを思い出した次第。このPV、ちょっといい小品なので記憶に残っている。


2019年1月 1日 (火)

2019年のおせち料理

大人になったら行きつけの店でおせちを誂えてもらって楽しみたいという宿願が、学生の頃からあった。今年は平成最後の正月、三十年色々あったが自分たちなりに刻苦精励したとの思いがあり、その労りに宿願を叶えようと足繁く通っている「きよ友」さんで受け付けていたおせちを頼んでみることにした。

大晦日、前日から徹夜で仕込んでいたという重箱を持ち帰り、明けて元旦、期待に胸膨らませて包みをほどく。
Dscn6515
実りの象徴、稲穂が添えられた重箱を開けると、端正に調製された祝肴の数々が並んでまさに壮観。
Dscn6518
Dscn6520
一の重は錦玉子・伊達巻・紅白蒲鉾・数の子・帆立旨煮・栗渋皮煮・鴨ロース・栗金団・田作・車海老旨煮・黒豆、二の重には鰆西京焼・鰊昆布巻・子持鮎甘露煮・酢蛸・菊花蕪・煮締(梅花人参・蓮根・八つ頭・牛蒡・椎茸・筍)。

いずれも初日の出の光で照り映えて実に旨そう。
Dscn6522
Dscn6521
そして見栄えどおりにいずれも旨くて酒は進むし、思わず笑みはこぼれるしで素晴らしい新年の口開けとなった。特に子持鮎甘露煮、鴨ロースが酒に合い、煮締も筍のみずみずしさや八つ頭の滑らかな舌触りとこっくりとした味わいが格別で、用意していた澤屋まつもと守破離は夜には空いて、早々に剣菱の応援を得る始末。
Dscn6534
御値段二万円也と値は張るように思うが、素材と調理の確かさを考えれば十分に値打ちのあるもので、ワインの小瓶も箸も敷紙もついて至れり尽くせり。来年もなんらかの理由を作って頼むようにしたい。

自分では雑煮とかぶら寿司を作った。今年の雑煮は鶏ハムを自作して餅に載せるようにしてみたが、その方がおさまりが良くて見栄えがいい。
Dscn6526
かぶら寿司は初めて作ってみたが、皮をむいて漬け込んだことから乳酸菌が少なかったようでべったらっぽい出来に。塩鰤の代用で生ハムを挟んで食べたがこれは申し分なく代役を相勤めてくれた。取り合わせを考え付いた自分を褒めたいところ。
Dscn6528
菓子は花びら餅を初めて楽しんでみようと思い、御嶽山の「呂万寿」へ出かけて購入。求肥の出来が素晴らしく、ふわふわ具合が赤ん坊の肌を思わせて、なるほど常若を願う新年の菓子に相応しいものだった。
Dscn6530
他にも梅や鶴などを模った上生菓子も堪能して、いい正月を迎えることが出来た。ありがたい限りである。

Dscn6533

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »