2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月23日 (土)

東急バスで観梅温泉(下)

競艇場から大森に戻って、駅前から森07上池上循環に乗り、本日二軒目の観梅をすべく池上梅園へ向かう。バス停には親切にも「大坊前」で降りるように誘導しているので、その通りに下車して梅園へ。
Dscn6687
天気が良いからかデイサービスのお年寄りを載せたワゴン車が渋滞し、園内はそこから吐き出された車椅子のお年寄りで渋滞と、花の盛りらしい風景が展開していた。以前に訪れた時より綺麗に整備されていたが、梅自体は特に増えたわけでもないようで、さらっと園内を一周して切り上げる。
Dscn6692
ここから近い国道1号沿いの本門寺裏バス停へ行ったら、1時間に1本しか走っていない森01系統蒲田駅行きが来たのでこれに乗って一気に蒲田駅へ。池上駅経由で乗り継ぐことを覚悟していただけに、直通でスムーズに蒲田に着けたのはとてもラッキー。おまけに降車場所の目の前が目的の中華食材店「友誼商店」でこれまたついていた。
Dscn6694
ここはかなりの食材が揃っていて、間もなく底をつきそうな青麻椒があって嬉しい驚き。たっぷりサイズの麻辣醤がこれで300円だったので買って帰ったら、爪の垢ほどでも充分辛い逸品。流石四川製造。吉香居という泡菜の瓶詰で有名なメーカーのようだ。
Dscn6912
ここから西口に転じて「光屋」では贔屓の「瀧自慢」の滝水流の生酒を購入、
Dscn6695
その後一休みすべく気になっていた喫茶店「チェリー」へ。
Dscn6698
午後遅い時間だったが、食事をとる老夫婦や名物のホットケーキを頬張る学生のグループも居て盛況の店内。
Dscn6696
こちらはウィンナーコーヒーの甘いクリームを存分に堪能して疲れを癒し、再度駅前に戻って井03大井町行バスに乗り蓮沼駅へ。さらに疲れをほぐそうとはすぬま温泉へ足を運んだが、ここは改装以降地元の需要を掘り起こし過ぎたせいで大混雑していて、湯船で足を延ばせないような状況。
Dscn6699
それでも温めの炭酸泉にたぷたぷ浸かって幾らかHPを回復させ、また蓮沼駅から井03に乗って池上駅前へ。行きつけとなっている池上食堂でいつものようにカツ煮で一献すれば、小旅行の疲れもゆっくりほぐれて心地よく酩酊できることは約束されている。
Dscn6703
帰りがけ、武蔵小山の「井門」が閉まってしまった代替候補の「菜香楼」に立ち寄り、蒸しパンと肉まんを買って帰る。蒸しパンは目が粗く最初「ん?」と思ったが、癖なくやわらかな甘みが次第に広がってなかなか美味しい。
Dscn6706
肉まんも皮がふかふかで、餡もしっかりとした肉質を味わえるし、後味もくどくなくてとてもいい。これならばなかなかいけそうな予感がする。
Dscn6713
以上、8本のバスを乗り継いでの小旅行だったが、なかなか盛り沢山に楽しめた一日だった。
Dscn6693

2019年2月20日 (水)

東急バスで観梅温泉(上)

歳を重ねて冬の寒さが骨身に沁みるようになってから、梅の開花が待ち遠しく感じられるようになった。中国の人々が梅を尊ぶのは、陰暦の新年に最初に咲く花であることに気づいてから、更に梅への親近感が増した。昨年は西嶺町へ観梅にいったけれども、今年は得意の一日乗車券、それもバスのものを駆使して観梅のはしごとしゃれこむことにした。

まずは環七まで出て東急バスの森06新代田行の乗車してスタート。このバスは大田・目黒・世田谷を縦断するなかなかダイナミックな路線で、世田谷方面に出る際には以前から重宝していた。終点のひとつ前、代田四丁目で降りて「梅が丘」の地名の由来にもなった羽根木公園の梅を見に行く。
Dscn6662
途中の住宅街には某公営競技を取り仕切る一族の豪奢な邸宅があったり、その門前に犬の糞があったり、世田谷名物の急な畑があったり、住んでいる品川とは異なる文化圏であることを感じる事象が多発してなかなか面白い。

公園ではせたがや梅まつりと題して、出店や植木の露店が出たりしていてなかなか賑々しかったが、店員の老爺と客の老婆が怒鳴りあう場面に遭遇。世田谷らしい自分の正義をどんな場面でも押し通す我の強さに興醒めしたが、梅はそんなことには我関せずであちこちでほころんでいて、春を嗅ぎつけたメジロと人々を楽しませていた。
Dscn6669
Dscn6676
Dscn6672
ひとしきり見物して、再度森06に乗ってこんどは大森駅まで一気に南下。駅東口から無料のバスに乗って到着したのは平和島の競艇場。ここに大層旨い煮込みが売っているという風聞を聞きつけての訪問となる。

大井町の信州酒場浅野屋が閉店して以来、旨い煮込み難民になってしまっていて、一時大森の蔦八に救われたのだが、そこもすぐに店主の高齢化で地元の酒場が経営するようになってありきたりの煮込みになってしまい、あてどなく彷徨う日々に終止符を打とうという魂胆。

店は”煮込みの店”と銘打つおおこし。店をくぐると確かに旨そうにグツラグツラ煮えている大鍋があってひどく食欲をそそる。
Dscn6681
煮込みライスという煮込みと丼飯だけの潔いメニューがいかにも鉄火場のものらしくていい。
Dscn6683
いざと喰らうと、ホルモン・フワ・ガツの三種と蒟蒻が微妙に異なる歯ざわりのハーモニーを奏で、味噌をベースとしたこっくりと潔い味付けと相俟って確かに旨い。芝浦直送の新鮮なもつを使っているとの触れ込みだけあって、あの独特の臭みは皆無でそれぞれの部位の真の味が存分に味わえるというのが特筆もので、白飯とともにあっという間に掻きこんでしまった。なるほど、これは旨い。

よく行く大井競馬場は妙に綺麗になって、昭和の残り香は抹殺されてしまったが、ここには日払いの金を握りしめてヒリヒリしたギャンブルに打ち込んだ者たちの精気がいくらか残っていて、それが鍋に乗り移って一味増しているように感じられた。

入場料が100円かかるが、競艇は固いレースを買えば大概当たるので、1レースやればその分はおおよそ取り返せると思う。(今回もそうだった)機会を見て、またこの煮込みは食べたいと思う。

Dscn6684
↑競馬場のハロー掛け替わりにゴミ拾い船がレースごとにやってくるのが印象的。

2019年2月16日 (土)

岩塚製菓贔屓

一時購入頻度が上がった「黒豆せんべい」。煎餅は軽く、黒豆は香ばしく、塩加減も良くて後味もさっぱりとしているから、見かける度に手を伸ばしていた。
Dscn5289
難点なのは食べ過ぎると豆が多いせいか便秘気味になってしまう点。なので食べたらバナナとヨーグルトも一緒に補給するようにしたら、いくらか改善されるようになった。なんていう会社が作っているのかな・・・と裏面を見ると長岡に本社を構える岩塚製菓のものだった。


岩塚と言えば、「田舎のおかき」も熱烈に支持している商品で、昨今はこちらを買うことの方が多い。
Dscn5277
これまた軽い歯ざわりと、醤油過ぎずみりん過ぎない絶妙な味付けが心をとらえて離さない。元々は京都の「船はしや」の山椒あられの代替として、これに香港で買ってきた四川青山椒をたっぷりふりかけて食べていた。これがビールにも合う素晴らしい出来で、家人などは仕事で疲れた日のご褒美として愛用していて、たくさんまぶして食べることから青山椒が間もなく底をつこうとしている。

私はと言えば、青山椒を挽くのが面倒だからそのまま食べることも多いが、先だってこれも香港で買ってきた火鍋の素をちょいと乗せて食べてみたら、見事にスパイスが引き立つ味わいになって貪ってしまった。このおかきはシリーズ化されているが、是非山椒や胡椒を利かせた酒のつまみにもなる「麻椒味」の発売をしていただきたい。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »