2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

« 津軽海峡北南24:まとめ・参考になったサイト・本 | トップページ | 梅雨寒の食卓と京橋美々卯 »

2019年7月20日 (土)

梅雨前後のシロギス・ハゼ釣り

昨年久々にやりだした釣り。暖かくなってきたら行きたくてウズウズするくらいになった。各種情報網を駆使して釣果を追いかけていたところ、津久井浜でシロギスが釣れ始めたというので6月の頭に出かけたら、クサフグの猛襲にあってシロギスは15cm程度が二尾釣れただけ。
Dscn7513
↑去年10月の時に比べ随分波が静かだったのだが・・・

この日は買ったばかりのPEライン1号を昔使っていた投げ用リールに巻いて、力糸をつけずに10号のオモリで投げていたが、大体2色半どまり。最後の方で3色飛んだらシロギスがかかったので、遠投できるようにしないとと思い、PEの3号を買って力糸にし、7月に入って好調が伝えられた東扇島西公園に赴いた。
Dscn8087
シロギスは産卵期を迎えて喰いがよく、投げればほぼアタリがあるが、なかなか針にかからない。そこで7号から6号に針を替えたら続々釣れて20㎝を筆頭に3時間弱で12尾と納得の釣果。
Dscn8089
翌週も出掛けて今度はコツをつかんだので2時間で9尾。ただ卵を抱いている個体が多いから、針がかりの良い5尾はリリースした。力糸をつけてオモリを20号にしたので3色半から4色ちょっとまで飛距離は伸びて、大分爽快感も出てきて楽しめた。

そうこうするうちに、ハゼが釣れ始めたとのことで、去年よく行った多摩川河口に行ったが、7cmほどのものが二尾釣れただけ。リベンジと思って数十尾釣れたとの情報を得た大井海浜公園にも行ってみたが、ここも貧果でやはり二尾。
Dscn8172
Dscn8173
↑水に立ち入って釣りするために地下足袋まで持参したのだが・・・尚、ハゼを狙ってアカエイがウロウロしていたのでよくよく注意する必要がある。

まだ時期が早すぎたのかもしれない。それでも長梅雨で辟易していた中、夏空の下膝まで水に入っての釣りはいかにもこの季節らしくて気持ちがスカッとしたし、乾いた喉にとにかくビールが旨くてしょうがなかったので良しとした。
Dscn8174

« 津軽海峡北南24:まとめ・参考になったサイト・本 | トップページ | 梅雨寒の食卓と京橋美々卯 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津軽海峡北南24:まとめ・参考になったサイト・本 | トップページ | 梅雨寒の食卓と京橋美々卯 »