2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 津軽海峡北南23:さくらんぼ狩り・秋田犬の里・石田ばら園等 | トップページ | 梅雨前後のシロギス・ハゼ釣り »

2019年7月 4日 (木)

津軽海峡北南24:まとめ・参考になったサイト・本

最初と最後に天候が悪化したものの、概ね狙い通りの旅は出来て満足した。函館は観光シフトが顕著だけれども、探せば見つけものの店もあって好印象。実現できなかった大沼のカヌーをしに再訪したい。

弘前は人口17万人とは思えないほど飲食店の層が厚く、また伝統に裏打ちされた逸品が多かったから再訪必至。似たような雰囲気を持つ盛岡とともに行くというのが良さそうかなと思っている。

今回土産は和菓子ばかりになったが、弘前の「ステイブル」では白磁の徳利が気に入って購入。一合半入るというのが我々夫婦にとっては丁度良い量で良い買い物が出来た。
Dscn8185
あれば買おうと思っていた漆器の菓子皿は見当たらず断念。9年前のように活きシャコがあればと寄った虹のマート。シャコは季節が終わってしまっていたので見当たらず。なのでホッケを1匹買ってきて干物にしたら、身がしっとりと柔らかく、脂乗りも上々で美味しかった。
Dscn7987
↑弘前の石場旅館前にあった「津軽工房社」はこぎん刺しを中心とした品々が揃っていて良かった

【役に立ったサイト・本】
函館観光協会の「はこぷら」は情報を逐次更新していて、営業時間や閉店情報などが正確だったので重宝した。また今回初めてインスタグラムで「函館」「弘前」を継続的に見るようにして、情報をとるように心掛けた。見かけて実際に行こうとなった場所などはないが、旅に向けて気持ちが高まる効果はあった。本では江澤香織の「青森・函館めぐり」が個人的に趣味が合ってとても良く、旅行計画の骨格を作る際に大いに役立った。

今度は秋口に行って、見事な紅葉の景色と街歩きを楽しみたいと思っている。最後に旅のスナップを少々。
Dscn7535_20190801161401
Dscn7581
Dscn7628_20190801161401
Dscn7657
Dscn7676_20190801161401
Dscn7834
Dscn7868
Dscn7918
Dscn7923_20190801161201
Dscn8007

« 津軽海峡北南23:さくらんぼ狩り・秋田犬の里・石田ばら園等 | トップページ | 梅雨前後のシロギス・ハゼ釣り »

旅:東北(2006、09-13,16-19)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津軽海峡北南23:さくらんぼ狩り・秋田犬の里・石田ばら園等 | トップページ | 梅雨前後のシロギス・ハゼ釣り »