2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

« 梅雨前後のシロギス・ハゼ釣り | トップページ | 小山台高校野球班を応援する2019 »

2019年7月25日 (木)

梅雨寒の食卓と京橋美々卯

川島雄三が贔屓にしていたと聞き及んで行きたいと思っていた京橋の「美々卯」。界隈には往時日活も大映も本社を置いていたから、きっと川島は給金が出たら会計係から現金を鷲掴みにしてすぐそばの「美々卯」で腹ごしらえをしてから、銀座の綺麗どころが揃ったクラブへ繰り出してしこたま飲むなんてことをしていたのだろうな・・・と夢想したが、ここの美々卯は70年代に入ってから出来たそうで、彼は既に彼岸の人となっていたから行きつけにしたのは関西にシャシンを撮りに行った際に立ち寄っただろう本店の方らしい。

梅雨寒が続き、よく覗いているブログの方が夏限定の鱧しゃぶすきを堪能しているのを見て、今こそと思い立って重厚な店の門をくぐる。勝手にお座敷が多いのかと思ったら半個室のテーブル席がほとんどで、来店客の年齢層から車椅子でも楽に入退店できるように改築された模様。ここにも我が国の老いの影を見る思いがした。
Dscn8116
Dscn8113
予約の時に「一人前は鱧しゃぶすき、もう一人前はうどんすき」とお願いし、まずは出汁がたっぷり出る鱧しゃぶすきから始める。骨の炙ったもので風味付けをするあたりの演出が心憎い。
Dscn8099
Dscn8100
Dscn8108
Dscn8102
脂っ気はあるものの、あくまでふわふわとした鱧にはやはり薄口の出汁がよく合うし、鱧を出汁で振っている内に表面に浮かんでくる脂がキラキラ黄金色に輝いて美しかった。ここに通常のうどんすきを入れて食べたが、ほんのり鱧の脂が回って絶妙のコクを与えているので実に美味しい。

それに出汁味に飽きないように添えられた粉山椒がまた鮮烈な香りで実にいい。あまりに気に入って帰りに土産として買ってかえってしまったほど。
Dscn8109
突き出しも夏らしいものだったし、刺身も手抜かりなく、全体に調子の整った味でとても満足した。
Dscn8095
Dscn8096
Dscn8104
Dscn8092
その後も梅雨寒は続き、ジメジメと日照不足で気が塞いでしまったので、湿気払いに鰻を買ってきて早めの丑の日を自宅で開催。例によって戸越銀座の双川で蒲焼を買ってくる。
Dscn8134
流石に一串1,400円からとなっていたが、今は店で旨いうなぎを喰おうとすれば、四~五千円は覚悟しなければならないから随分安く済んで有難い限り。

これも双川で買ってきた立派な北海道産の土用蜆は椀にして、
Dscn8148
自家製白瓜と茄子の糠漬けも艶があって美しく、なかなかの膳に仕上がった。
Dscn8137
それでも中々梅雨は開けず閉口したが、再度鱧にご登板願って再々の湿気払い。今は鱧の骨切りしたものが業務用にパック詰めされて出荷されているようで、近所の魚屋でそれを買えたし東京でも手に入りやすくなった。玉子豆腐と冬瓜をあしらった椀は上品に仕上がって、これも梅雨の鬱陶しさを薙ぎ払うのに最適な菊正宗の樽酒ともよく合って美味しい。
Dscn8157
Dscn8144
鰻の時のタレを残しておいたので、塗り付けて照焼にしたらまずまずの仕上がりで美味しかった。
Dscn8158
蛤は霞煮にし、豊潤な旨味を堪能。
Dscn8151
止めに土用丑の日には穴子を買ってきて煮穴子にして食べたら、身質が滑らかでほんのりとした脂っ気が乗っていて、上品な美味しさ。やっぱり関東では鱧ではなくて穴子だなと思わされた。いずれにしろ、記録的な梅雨寒をにょろにょろする奴らのお陰で乗り切れたのは有難い限り。

« 梅雨前後のシロギス・ハゼ釣り | トップページ | 小山台高校野球班を応援する2019 »

自作料理・素材・はまった食べ物」カテゴリの記事

人生の先達」カテゴリの記事

2016~食べた店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨前後のシロギス・ハゼ釣り | トップページ | 小山台高校野球班を応援する2019 »