2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

« 梅雨寒の食卓と京橋美々卯 | トップページ | 日本橋アンテナショップ巡り »

2019年7月30日 (火)

小山台高校野球班を応援する2019

去年母校の応援で初めて高校野球の予選を観戦したが、今年は区内の公立校小山台が東東京の第1シードということで動向を追っていたところ、順当に勝ち上がってきたので二度球場に足を運んで応援した。その内5回戦の対安田学園戦は痺れた。
Dscn8164
8回まで散発な攻めが続き、0-3と劣勢のまま9回表の攻撃に。ここからが凄かった。ヒットと四球で1アウト満塁として7番森君のライト前で1点。続く代打香取君はサードゴロ。三塁ランナーが生還して2-3となったがサードベースにタッチされ2アウト、更に素早く1塁に投げて万事休すか・・・・と思ったがセーフ。危うくゲッツーを逃れ、なんとか2アウト1・2塁で9番ピッチャーの安居院君。フルスイングでレフトに上がった打球はふらふらと思ったよりも伸びて行って・・・レフト倒れこむも捕球できず!1・2塁走者が生還して4-3と逆転!

スタンドは狂乱状態で、自分も家人とハイタッチをして大騒ぎ。9回裏はピチっと3人で閉めてゲームセット。劇的な勝利で言いようのない昂揚感にスタンド全体が包まれ、もの凄い熱気と興奮。高校野球の醍醐味を味わい、帰路の間はずっと家人と試合回顧をした有様。

その後準決勝、決勝と勝ち進んだが、2年連続の準優勝。実に惜しかったが、選手たちはやり切った晴れ晴れとした顔で表彰式に臨んでいて、実に清々しい気持になる。決勝は強力打線を封じ込めようと戦略を練って臨んだと翌日の記事(
「都立の星」小山台を支えた捕手決勝を見据え餌まいた)を読んで知った。確かに強打者相手に内角をズバズバ攻めて、研究しつくしているなぁ・・・と思っていたが、遥か二試合前から敢えて外角の球ばかり投げて、相手に「外角しか投げてこないバッテリー」と思い込ませていたとは・・・”武蔵小山の諸葛亮”と呼びたいくらいのキャッチャー吉田君の戦略にただただ感嘆するばかりだった。

私立高は関東一円から選手を集めて寮生活をし、午前中で授業を終えて午後は全員でバスに乗って近県に備えられた広々とした練習グラウンドで毎日数時間みっちり練習というのが主流だという。対して小山台は武蔵小山駅前の狭小なグラウンドを他の班活動と共有し、しかも夜学があるので練習は3時半から5時まで。勉強を疎かにしないため週一日は休みをとり、赤点や1を取ったら野球禁止という。もちろん野球推薦で入学する選手はおらず、偏差値も68程度と最上位クラス。そういう限られた環境の中、知恵と工夫と努力で互角に渡り合うチームの姿は、我々大人も随分学ぶべきところがあると思わされた。

熱狂する上に学びまである。高校野球観戦はなかなかいい趣味だと改めて気づかされたこの夏だった。小山台高校野球班の皆さん、お疲れさまでした。そして有難うございました。

↑神宮でこの応援を聞いて胸が震えた・・・

« 梅雨寒の食卓と京橋美々卯 | トップページ | 日本橋アンテナショップ巡り »

気になる部分・日々雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨寒の食卓と京橋美々卯 | トップページ | 日本橋アンテナショップ巡り »