2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

2010年1月20日 (水)

00年代のまとめ(2)

食事と旅行編。
【一皿】
・御弁当/あと村(内幸町)
京料理の粋が折の中で見事に結晶。
Dscn0999

・八重山そば/来夏世(石垣島)
あの青い空のような清澄な出汁と店を吹き抜ける風。
Cimg0350

・牛ランプ肉のロースト/北島亭(四谷)
薄桃色に輝く肉の断面、奔出する肉汁の官能的なこと。

・鳩のロースト/金山海鮮酒家(香港)
肉の旨味の凝縮感と皮の香ばしさの相乗効果が堪らない。
Cimg0106

【料理店】
・余志屋(先斗町)
活気あふれる板場から供される馳走の数々とご主人のお人柄に惹かれて、京都行の際には必ず入れたい店。レシピ本も自宅で活躍している。

・近松(薬院)
ただでさえ質の高い九州の魚に磨きをかけて、工芸品のような逸品に仕上げる。店内の雰囲気もあって、ご主人の寿司の個展に足を運んだような心持になる。

・のがみ(四谷三丁目)
実直なご主人のお人柄と女将さんの朗らかな接客が見事に寛げる空間を作っている。手をかけた良い素材の寿司を納得の価格で頂ける良店。

【閉店・物故】
・松風(浅草)
70年続いた名酒場にも終わりの時はやってきた。生まれて初めて通って馴染みになった店だけに惜別の情はひとしおだった。注文を通す独特の声色とぬる燗の「田酒」の味は忘れない。
10043969310_s_2

・とら寿司(長崎)
初めて行った時に食べた鯵の見事な歯応えと口中に広がっていく風味が忘れられない。美しく枯れたご主人の佇まいも味わい深かった。
Cimg1362_2

・よつやこくている(荒木町)の先代
にこにこと笑いながら豪快にシェーカーを振る姿がついこの間のように思える。ご子息が継がれて店は大繁盛だから、どうか安らかにお眠りください。

【菓子】
・山椒あられ/船はし屋(三条大橋)
Cimg1505


・水羊羹/甘泉堂(祇園)
Cimg1557

・Pロール/B-speak(湯布院)

・ブラックサンダー


【旅行】
・竹富島(2004年・2006年
この島の1泊2食5,000円の宿に泊ってから旅行のスタイルが変わった。高い旅館、豪勢な食事、場に合わせた服装・・・そうした気取った旅をするのがつまらなく感じるようになった。宿の皆で夕日を眺め、酒盛りをし、流れ星を桟橋に横たわって数える。そんなささやかなことがいつまでも記憶に残る。それが旅なんだと教えてくれた場所。
Pict0394_2

・鳴子(2009年)
温泉に対する考え方を変えてくれた。色・臭い・肌ざわり・浴感がこうも違うのかと短い滞在で思い知らされた。湯守をされている方々の素朴ながら温かい接遇も心に残る。
Dscn0707

・バイブリー(2002年)
「英国一美しい村」はとても静かで、自然と歩みがゆったりしたものになった。情報が少なく、イギリスのサイトをさまよって行き方を探し出したのも良い思い出。午後の日差しが眩しいスワンホテルのテラスで呑んだバス・ペールエールは長く記憶に残る一杯。
00752_73_2

・ポジターノ(2002年)
海岸まで急峻な崖が迫っていて、そこに張り付くように色とりどりの家が連なっている風景。憧れていたイタリアがそこにあることに軽い感動を覚えた。海を眺める最上階のスイートでのシエスタは最高の贅沢だった。コーヴォ・ディ・サラチェーニで食べたアクアパッツァも素晴らしかった。
Amalfi5

2006年3月 1日 (水)

竹富島の「小浜荘」

八重山ではこの民宿にしか泊まったことが無い。ひとみしりする質なので最初の訪問時はかなり緊張したが、世話好きな常連さんがいて皆で夕陽を眺めに行ったり、庭のテーブルで酒盛りしたり、流れ星を数えに深夜の桟橋にいったり、朝日を見に行ったりとすんなり打ち解けた。

先月の訪問時は常連さんがいなかったが、初めての一人旅が八重山諸島周遊という若い男性とマラソンに打ち込んでいる関西の男性と泡盛を酌み交わした。実に不思議だが、初対面の方々と何時間も話を続けることが出来てしまう。欲も得もないフラットな気持ちになれるからであろうか?この宴があるのでやっぱり竹富島はやめられない。

と思っていたら、こんな本見つけてしまった。本屋でぱらっとめくったが、こみ上げて来る衝動に突き動かされて離島漂流に出てしまいそうだったので、「いつか入院したときに読む本リスト」に入れておくことにした。CIMG0346 PICT0390 PICT0397

2006年2月17日 (金)

竹富島のつれづれ

初日・二日目の竹富島は肌寒く、道ですれ違ったおばあにも「今年一番の寒さだよぉ」と言われるほど天候に恵まれなかった。ただ鈍色がかった空と飽くまで澄み切った海のコントラストは美しく、こういう画を描いてみたい気持ちに駆られた。CIMG0317

帰りに一苦労。ANKで関空まで行く予定だったが、搭乗直前になって「機材故障のため出発延期」のアナウンス。なぜか空港で使える食事券が配られ、レストランでしばし待機したところ、「機材故障の復旧見込みが立たず運休」との説明を受け、3時間半後のJTA石垣→宮古→伊丹便に振り替えられた。お陰で空港に4時間半も滞在したし、宮古で給油の間機外待機となる始末。機材故障で運休というのは0.06%の確率だそうで、ほとほとついてなかった。まあ、伊丹着で京都は近くなったし、足代を1人あたり2千円もらったので良しとすべきか。CIMG0353 CIMG0354

2006年2月15日 (水)

石垣島で食したあれこれ

前回の滞在で気に入ったものや噂に聞いていたものをあれこれ食した。

【ジューシーかまぼこ】初めて食べた。しかも金城かまぼこまで買いに行って、最後の2個を確保という幸運。炊き込みご飯のおにぎりのまわりがさつま揚げで包れている一石二鳥食品。味は想定どおりのもの。意外とマックスバリュや空港の売店で売っていた。本店で売り切れの際はそちらに廻るのも手だ。CIMG0339

【こんぺん】その昔は琉球王朝でしか食べられなかったという菓子。甘食に似た風合いの生地の中にピーナッツと胡麻の練り餡が入っている。素朴な味わいがあって、どこか懐かしさを感じさせる。CIMG0326

【ごま菓子】素朴なパッケージに魅かれて購入。「無添加100%」という日本語的にはちょっと・・・という惹句も逆に実直さを感じさせて好感が持てる。ごまとピーナッツを黒糖と水飴で固めただけのものだが、香ばしさと濃い甘みが相俟って後引く美味しさ。気付くと殆ど一袋空けていた。CIMG0363

【ミミガージャーキー】やや固めのこりこりとした食感が楽しい。自分にとってこれと油みそが泡盛のアテとして定番。CIMG0366

【石垣牛の焼肉】「やまもと」が有名だが、生憎夜のみの営業。前回「金城」で昼に食べたが、どうもそれは石垣牛でなかった可能性が高く、今回は石垣牛の精肉も扱っている「いしなぎ屋」で昼焼肉。こちらは当日の肉の個体識別票を掲出しており、間違いなく石垣牛であるようだ。上カルビ・上ロース・ホルモンに御飯・スープ・サラダ・ドリンクがついて2,500円とリーズナブル。カルビは脂がきついきらいもあったが、ロースは素晴らしかった。脂の甘みと赤みの味わいのバランスが絶妙。東京で同じレベルを「拘り」焼肉店で食べたら数千円は下らないレベル。実に満足のいく昼食だった。CIMG0314

2006年2月14日 (火)

来夏世

今回、石垣島で帰りがけに昼食を取る予定を組んだのだが、その夜には祇園で割烹に行くことを考慮して、どこぞに筋の良さそうなすば屋は無いか知らんと調べて伺ったのが「来夏世」だ。

兎に角、出汁の旨さに瞠目した。うまく表現できないが、究極に研ぎ澄ましたとんこつスープとでも言うべきか。あっさりしているのにもの凄くコク深いのだ。これに匹敵する出汁は香港の「九記牛月南」くらいしか思い当たらない。自分の丼のスープを飲み干してから、思わず連れの丼も引き寄せて啜り込んでしまった。

何でもこちらのおばあが齢80にして店を始めたそうだ。その心意気たるや、感服する他に術を知らない。石垣小学校から流れてくる子供達の歓声や清潔感のある店内も旨さを引き立てるのに一役買っている。実に、素晴らしい店だ。CIMG0351 CIMG0350

2006年2月13日 (月)

竹富島の草花

2回目の竹富島。普段は気にも留めない草花が殊更美しく感じる。それにしても様々な形や色があるものだ。子供の頃、飽きることなくそんな世の不思議に考えを巡らせていたことがまざまざと思い出される。都会の引力から離れているからか、不思議な力が八重山にはある。CIMG0320 CIMG0327 CIMG0332 CIMG0334 CIMG0335

2006年2月 7日 (火)

あの空に会いに行く

石垣島の隣の小島、竹富島に明日から行く。時間を贅沢に使うことだけに集中するつもり。PICT0379