2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索


無料ブログはココログ

2016年2月18日 (木)

玄海茫洋筑肥行9:旅の終わりに

なんのかんので唐津には4回目になる。初めは九州周遊の途上で寄り、次は「つく田」へ、三度目は呼子に泊まって隆太窯へも行き、今回はしっかり腰を据えて滞在した。程よく街があり景色も良く、人柄もさっぱりとしていて居心地のいい街だ。まだ、ツガニを食べていないのでそれは次回のお楽しみに。

博多の寿司は少し過熱しすぎのように感じた。行きたかった「近松」は今や半年以上前に予約することが必須とのことだし、「吉富寿司」の混雑ぶりにも驚かされた。しばらくすれば色々なものが淘汰されてすっきりするだろうから、その頃合を見計らってみたい。

以下備忘までに。虹の松原での日の出。
Dscn2396

松浦橋から眺める唐津城は「日本のモン・サン・ミッシェル」に見えなくもない。
Dscn2373
線路脇に咲く菜花と霧雨の降る松原
Dscn2377
Dscn2376
帰りがけ博多駅の魚屋でたかばあらのアラを買い、自宅であっさりした出汁に千切りの白菜と豆腐だけ入れて「鯛豆腐」風に仕上げてみたが、やっぱりこれも旨かった。
Dscn2403
Dscn2404

自分が育つ源泉となった地に久々に足を踏み入れ、改めて良さを実感した次第。

2016年2月17日 (水)

玄海茫洋筑肥行8:鮨香坂

風光明媚な唐津を離れるのは後ろ髪引かれる思いだったが、筑肥を離れる前にもう一度寿司を食べられるのだから…と自らを奮い立たせて、列車に乗り一路東へ向かう。

日曜の昼、博多駅近くでやっている寿司屋となるとかなり限定されてきて、足を運んだ「香坂」のカウンターは満席。大きなスーツケースを抱えた人や関西弁を話す人など、客は凡そ来福した人達で地の人の気配は感じられなかった。

電話で予約した際に「昼のお決まりになります」と言われて少し身構えたが、いわゆる上にぎりが供されて安堵する。しゃりがかなり丸く団子状になっていてちんまりとした握りが続いたが、前日唐津で良い魚を食べ過ぎたせいか、魚の味がややぼやけているように感じられぐっと来るものが少ない。強いて言えばよこわの風味は良かったように思う。日曜日でもあるし、お値打ちの昼でもあるのでまあこれぐらいの所なのだろう。

あまり過度の期待をせず、にぎり一人前をさっと食べに行くつもりでのれんをくぐるのが良いと思う。

鮨 香坂寿司 / 東比恵駅博多駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.3

2016年2月16日 (火)

玄海茫洋筑肥行7:きあげ・寿し幸

【きあげ】
九州に来たのに豚骨ラーメンを食べずに帰るわけにはいかないと思い、唐津駅まで歩いて構内にあるこちらに伺った。電車が頻繁に発着する時間でもないのに席は7割方埋まっていたので、地元の人の間では根強い人気があるようだ。

いわゆる普通のラーメンを頼んだが、スープは濃醇で後を引き、青葱の香気でさっぱりと口の中が蘇ったところに串刺しになったチャーシューを放り込むと、またスープをまとった細い麺が欲しくなるという案配で忙しなく平らげる。期待通りの一杯が食べられてとても満足した。
Dscn2388
【寿し幸】
ホテルでありきたりの朝食を食べるのも味気ないと思い調べたところ、歩いてすぐのところの寿司屋でバッテラを出していることが判ったので、昼過ぎに電話をして夕方取りに行きたいと話すと快く引き受けてくれた。
Dscn2385
住宅街に意外と大きな店を構えていて、中に入ると右手に数人がかけられるカウンター、奥にはかなり大きな座敷があって、そこは近隣の方が家族連れでゆったりと訪れるのだろうと思われる。まだ店を開ける前だったが、電話に出てくれた快活なご主人がにこやかに応対してくれて、すでに折詰にしておいてくれたものをさっと渡してくれた。

翌朝、ホテルで折を開けてみると鯖の上には柑橘がスライスされたものが乗っていて、地の特産を使って保存に配慮してくれた心遣いに嬉しくなる。少し時間が長かったので柑橘の風味が寿司に移っていたが、はきはきとした元気なご主人の姿と柑橘の爽やかなその甘みが輝く太陽を思わせ、朝から元気を得た気持ちになった。ホテルに長逗留する方なら朝食の目先を変えるのに好都合だと思われるのでお勧めしたい。
Dscn2398

ラーメンきあげラーメン / 唐津駅)  
夜総合点★★★☆☆ 3.5

寿し幸寿司 / 和多田駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.4

2016年2月15日 (月)

玄海茫洋筑肥行6:一天張

唐津二日目の夜は海の幸と地酒を味わうことに主眼を置いて懊悩した。天山・花菱・一天張のいずれかにと絞り込んだ末、比較的若い気質が感じられる店名の一天張に今宵の運命を委ねて足を運ぶ。活きのいい板前の声がかかるだろうと引き戸を潜ると、さにあず、しっとりと落ち着いた和服の女将さんと温和な調理の方がにこやかに迎えてくれた。
Dscn2387
入ってすぐのカウンターはおよそ10席ほどだが、ゆったりとした造りになっていて狭さは感じない。奥には座敷があるようで賑やかそうな声が遠くに聞こえた。入口左の冷蔵庫には日本酒がずらりと並んでいて、飲みたかった「万齢」も様々な種類が揃っていたので、まずは口開けに濁りの入った生酒を頼む。唐津焼の片口で供されるそれは含むと淡くはじけた後、軽やかな酸味と甘みの余韻が長く続くという佳酒だった。

品書から選んだ刺身盛り合わせ(2,000円)で舌を巻いたのは「たかば」と呼ばれるマハタで、深みのある味わいと仄かな脂っ気がこりりと小気味よい歯応えの身からじわりと舌に広がって、いかにも旨い。最初その白磁のような乳白色と鮮やかな紅の血合を見て「玄界灘の鯛は旨いナ」などと思ってしまったが、なるほどこれは人をひきつけてやまない魔味をたたえている。相盛された鰤の奥ゆかしい脂の乗りといい、蛸の滋味豊かなることといい、玄海灘の底力を見せつけられた思いがした。

このたかばはあら炊きでも食べたが、弾む身と奥行きある旨味、それにくわえてゼラチン質の官能感も相まって、それはそれは美味しいものだった。あまりに骨を舐り尽くしてお隣の品の良いご婦人に「まあ、上手に食べんさること!」と驚かれたのは、今となっては良い旅の記憶となっている。その方のお勧めの茶碗蒸しも出汁が上手い具合に利いていて、気持ちをほっとさせる逸品だった。
Dscn2386

いい具合に酔いカウンター隅に目を移すと、女将さんが活けるという花が一夜の宴に興を添え、器の街である唐津の気配を濃厚に伝えてくれる。「いやー良い夜になったな・・・」との思いが自然とこみ上げた。今宵の一点張りは見事的中と相成ったのである。

魚が好きで日本酒が好きで地元の人の素顔が知りたい、という向きならば大変気に入る佳店だと思う。

一天張和食(その他) / 唐津駅)  
夜総合点★★★☆☆ 3.9

2016年2月14日 (日)

玄海茫洋筑肥行5:味処さかもと・茶房アンデルセン

【さかもと】
ホテルで配布されている近隣飲食店マップに乗っていたので、橋を渡って昼食をとりにこちらを伺う。地元では知られた店のようで、座敷に数人で入っていくサラリーマンや老母連れの娘など、この辺りで住み暮らしている人々がお腹を満たしに集まってきていた。

店内にいけすがあり、入ってすぐにカウンターもある寿司屋スタイルながら、昼の名物はちゃんぽんとのことで、素直にそれにしたがってちゃんぽんを頼む。野菜がこんもりとのったそれは香ばしい油の風味をまとっていて、あっさりめのスープとよく合いとても美味しい。なにより野菜が不足しがちな旅の者にとっては、たっぷり野菜が補給できるのがありがたい。値段も安く、ご主人も溌剌としていて気持ちよく、初めての店ながら繁盛している理由が判った気がした。

Dscn2374
Dscn2375

【アンデルセン】
古くからの街だから古い喫茶店がどこかにあるだろうと探して見つけたのがこちら。やや薄暗いビルの三階に辿り着くと、ほの明るい灯りがともっていてほっとする。長いカウンターが窓まで続いていて、バックバーには無心に遊ぶ子供たちを描いた刺繍や、旧かなづかいで珈琲の種類を説明する古いパネルが飾られている。またカウンターには赤い琺瑯のポットが置いてあり、全体にしっとりと昭和が漂っているところが好ましい。
Dscn2361
ご高齢の女性がお一人で切り盛りしているようで、珈琲を頼むとお手製のクッキーがお茶請けに出された。それだけでまるでご婦人の自宅に招かれたような親密さがあって、この辺りが古い純喫茶の神髄だと思われた。カウンターの向こう端には常連の女性が居て土地の言葉で店主と話していたが、節度ある声の加減だったので耳に心地よく、一層旅情を高めてくれた。

夜には若い親戚が出てバーラウンジになるようだが、今度来るときは夜でもいいかもしれない。気持ちを緩めたり、あるいは鎮めたりするには良い店だと思う。


味処さかもと割烹・小料理 / 和多田駅東唐津駅唐津駅)  
昼総合点★★★☆☆ 3.5

アンデルセン茶房喫茶店 / 唐津駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

2016年2月13日 (土)

玄海茫洋筑肥行4:川島豆腐店・たまご色のケーキ屋さん

【川島豆腐店】
家人たっての要望で朝食を摂りに川島豆腐店に行く。店舗横のカウンター席は香港からの客人も含めて予約で満席となっており、数年前に来た時より随分高名になったようだった。それでも昔と変わらず豆の味豊かなざる豆腐もかりっと香ばしく揚がった厚揚げもおかわり自由、という豪気なところは相変わらずで嬉しくなる。
Dscn2369
食事の終盤ではいかにも九州の男を思わせる骨柄のご主人が現れてざっくばらんに色々な話をしたが、豆腐屋としての矜持を感じさせる逸話も聞けてなかなか楽しかった。豆腐尽しだからさほど腹に堪えないし、唐津で朝を迎えるのならやはり足を運んでおくべき店だと思う。

【たまご色のケーキ屋さん】
雨の予報だったが止んできたので松浦橋を渡ったところからバスに乗って虹ノ松原駅まで行き、そこからてくてくと住宅街を歩くこと10分弱。あちこちの家の軒先に咲く梅を愛でていると店に到着した。
Dscn2378
古民家の玄関口にこじんまりとした店舗があり、客間には小机が並んでいてそこで食べることも出来るようだ。帰りのバスの都合もあって、大名物のロールケーキを二切れ買って帰ることにする。

店の名の通り、黄色味がかったスポンジが特徴のロールケーキは、かぶりつくときに玉子が香ってその風味は寿司屋のカステラ玉子焼を彷彿とさせる。しかし脆美なことこの上なく、好んで食べる山荘無量塔のPロールよりなおふわりとしている。あたかも松原にたなびく霞のようでもあり、これはこの地で食べてこその逸品だと感じ入った。

Dscn2384

たまご色のケーキ屋さんケーキ / 虹ノ松原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

2016年2月12日 (金)

玄海茫洋筑肥行3:やま中の弁当

初日の夜はホテルでゆっくりしたいと思って、夕食は行きがけに博多駅で降りて「やま中」の出店で購入したものを部屋で食べた。昼時になるとかなりの弁当が売り切れてしまい選択の余地が無くなるという情報もあったが、11時過ぎだったのでどの弁当も豊富にあった。

ちらし鮨は見た目の華やかさはないものの、具材一つ一つがしっかりとした大きさでそれぞれの味わいを楽しむことが出来るので満足度は高かった。また芋の甘露煮や黒豆、玉子焼など普段食べつけているちらしでは見慣れぬ素材が新鮮に感じられ、特に黒豆は彩りを引き締める役割と箸休めの二役を背負って立派にその任を果たしていたから、これは関東のちらしに導入されても良いだろう。
Dscn2366
助六に穴子と鯖のばってらの入った折も値段を考えれば整った味できちんとしていたし、新幹線での帰りなどに食べる弁当を買うにはなかなか良い店だと思う。

Dscn2368

やま中 JR博多シティいっぴん通り店弁当 / 博多駅祇園駅東比恵駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

2016年2月11日 (木)

玄海茫洋筑肥行2:唐津第一ホテルリベール

昼食後、けやき通りを散策してから唐津へ向かう。唐津行の何が良いと言って、近づくにつれ美しい海の景色が車窓に現れるのがいい。旅をしているのだなという高揚感に包まれる車窓というのはそうないと個人的には思っている。
Dscn2402
今回唐津で宿を取ったのは唐津第一ホテルリベールという所。眼前に松浦川の河口が開け、左手には唐津城、右手には虹の松原が広がっていて、大変景色がよく心が鎮まる。
Dscn2363
Dscn2389

温泉ではないものの大浴場があり、朝風呂の時には朝日が差し込んで殊の外気持ちが良かった。風呂からあがって部屋に戻ると備え付けのマッサージチェア(!)があって、これに揉まれているとトロトロと心地よい疲れに身体が満たされて「一寸朝寝でも・・・」という堕落した気持ちになってベットに潜り込むことになる。

駅から遠いのが難点のように思われるが、ホテルが面する橋のたもとに「松浦橋」のバス停があって、唐津市中心街や唐津駅に3-4本/時間ほどバスが出ており、しかも運賃は160円だったから大いに助かった。(なお、夜飲んだ後に唐津駅からタクシーに乗ったところ、およそ900円ほどだった)適度に街があって適度に静かな環境に身を置きたいという身勝手な我々の希望に叶うホテルでとても良かった。

2015年9月 2日 (水)

旧交温浴大分路2:キッチンウィル

大分で夜飲むとなれば、関サバを中心とした豊後水道の海の幸を肴にというのが定石だろう。一方で山並も続く土地柄であり季節は夏だったから「天然鮎を楽しめるのではないか・・・」と思って調べたところ、ここキッチンウィルに辿り着いた。

ありがたいことに品書の写真をアップしている人がいて、これを見るに焼酎王国に統治されている九州にあっては日本酒の種類が豊富で、それに合いそうな肴も揃っているように見受けられた。スナックビルの半地下という立地、微妙な店名、中が全く垣間見えない店のドア・・・ハードルは高かったが、一見の我々でも寛いで大分の幸を存分に楽しむことが出来た。

刺身の盛り合わせでは関アジの身の歯応えと旨みの濃さが際立っていた。やはり名産のカボスを振りかけてやると一転さっぱりと清冽な身の具合が楽しめて、「あぁ、大分で飲んでいるのだナ」という悦びがしみじみとこみ上げてきて、なんとも幸せな気持ちになった。

大ぶりで立派な椎茸の肉詰めは食べ応えがあり、程よく味のしみたとこぶし煮はこの日初めて飲んで気に入った灘御影の酒「仙介」によく合った。独りで調理を切り盛りして忙しいご主人にも合間合間で土地の話も色々聞けたし、日本酒への強い思いも聞けたりして大いに満足して、この小さな日本酒公国を後にした。

なお、この日は生憎天然鮎の入荷が無かったのだが、またここに来る良い口実が出来た訳で、次の機会の楽しみが増え喜ばしい限りである。この店に出会えて、大分はとても良いところだとの意を強くした次第。

31486413
(写真はネットから引用)

キッチン ウィル居酒屋 / 大分駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

2015年9月 1日 (火)

旧交温浴大分路1:海に温泉に浴す

高校時代の友人から旅に誘われた。日常に疲れた彼からはここではないどこか遠くへ行きたいという強い意志が感じられ、相談の結果大分へ短い旅に出ることにした。彼とは20数年ぶりの旅となったが、色々と配慮してもらって気持ちの良い旅をさせてもらった。

友人は水に浸かることが好きな性質でこの旅ではぜひとも海水浴がしたいとの要望があった。調べてみると空港から10分ほどの所に白沙青松が広がる奈多海岸というところがあるというので行ってみると見事な眺望の海水浴場なのだが、誰もおらず中年の男二人で独り占めというなんとも贅沢な状況となった。ありがたいことに松の木陰に入れば直射日光を避けられるので、近況報告をしながらのんびりと海を眺めて過ごすことが出来た。
J201502060151_bi_jpg_00
別府には5年前に旅に来ていたが、その際に入りそびれた別府温泉保養ランドに行ってみる。底にたまった泥に色々なものが淀んで入り混じるので、衛生的に望ましくないと聞いていたので肌に塗りつけることはしなかったが、それでもこってりと硫黄臭に包まれ、その時着ていたシャツからは今でもわずかにその臭いが立ち上るから、濃度は相当のものだと思われる。
R0047535
翌日は長湯温泉に足を延ばし御前湯に入ったが、聞いていた炭酸泉の実感は得られなかったものの浴後大広間を吹き抜ける風は心地よく、猛暑に当てられていた身体に沁みるようだった。
Onnmaeyu_gaikan_0625
もう少し炭酸泉の凄味を味わいたいと思ってもう少し山奥にある七里田温泉に出かけてみたが、ここは正真正銘の炭酸泉で肌におびただしい気泡が着き、手で押さえると梱包材のプチプチを思わせるような淡い反発とともに水面に気泡が帯状に浮き上がってくる。いかにも不思議な浴感で、友人と顔を見合わせては首をかしげては笑いあった。
137778485953113101904
ここまでくると最早阿蘇の外輪山である久住高原は目の前で、町の施設である星降る館で高菜チャーハンとソフトクリームを食べて外に出ると、こんな風景が広がっていていかにも夏らしい雄大な景色に感じ入った。
_214_720x480
昔、銀座の物産展に来た時には3時間半を費やして手に入れたPロールは漸くブームが一段落したようで、大分駅にある直売店い朝一で行ったら難なく手に入った。生産量は増えただろうがそれでも味は落ちることなく、ふかふかでいて滑らかなスポンジと仄甘く見事な後口の生クリームも健在で、帰京後に大分の旅の余韻を味わうのにまたとない逸品であり続けていたのは心強かった。
20110225_904071
(以上写真はネットから引用)

ビースピーク 大分駅店ケーキ / 大分駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

より以前の記事一覧